はっちばっち

趣味(ギターやバッシュ等)と色んな商品レビューのブログ。あと普通のブログも。

三ヶ月間自宅練習用ギターアンプを色々選んだ末、YAMAHA THR10Cにした理由

youtu.be

youtu.be

自宅用&練習用の小型アンプって迷いますよね~。一般的に多いのは、気軽に使えて省スペースだけど音は良い方がいい・・・なんていう意見でしょうか。

 

このYAMAHA THR10シリーズはその辺バッチリです!

真空管アンプでは無いのですが、真空管アンプのモデリング技術が凄まじいです。小型の真空管アンプ(BlackstarHT-1Rなど)と弾き比べたのですが、ハッキリ言って差は感じませんでした。特にクリーンサウンドに関して言えば、THR10Cの圧勝でした。

 

YAMAHA THR10シリーズは、クリーンサウンド&クランチサウンドに特化した10Cと歪み系サウンドに特化した10X、その中間の10があります。あと、10の機能を絞って小型化したTHR5、アコギ専用のTHR5Aというラインナップです。

 

私のようにチューブっぽいクリーンサウンドをお求めの方は10Cがおすすめです。

 

全てのシリーズは、オーディオインターフェイス機能を備えており、DAWソフト(Cubase AI)が付属しているので、買ったその日からDTMが可能です。

 

また、AUX端子もあるので、スマホとケーブルで接続してスピーカーとしても利用する事が可能です。ケーブルは付属してます。

 

このアンプは、YAMAHAギターアンプ職人とスピーカー職人が共同で作ったので、スピーカーとしても非常に優秀です。

 

操作性に関しても直感的で非常に簡単です。アンプタイプを選んで、トレブル、ミドル、ベースを調整して、好みのエフェクトをかけるという事がつまみで操作できます。

また、PCに接続して無償提供されているTHR Editorを使えば細やか設定も可能です。

 

勿論、外部エフェクターをつないでもOK。外部エフェクターをつなぐ場合はアンプを「フラット」というタイプにしてあげるとノイズが少ないと思います。

実際に外部エフェクターをつないでいる動画はこちら↓

youtu.be

 

こうした魅力満載のTHRですが、弱点もあります。それは乾電池で動くのですが、稼働時間が短いです。単三アルカリ8本で約6時間と表記されてますが、実際は2時間くらいで「ん?なんか出力が弱まったかな?」って感じます。

 

以上を踏まえた上で、ご興味ある方は是非試してみては如何でしょうか? 

 

【アイテムリンク】

YAMAHA THR10C

 

YAMAHA THR10

 

YAMAHA THR10X 

 

YAMAHA THR5

 

YAMAHA THR5A

 

YAMAHA THRシリーズごとの音】

THRサウンド - アンプ - ヤマハ株式会社

 

YAMAHA THR Session】
ギターキャンセル機能や、音質を維持したままテンポ・ピッチ変更、ABリピート機能など、ギタリストが必要とするあらゆる機能が搭載されています。ヤマハの新コンセプトギターアンプ「THR」と一緒にお使いいただくことで、最大限の魅力が引き出せます。もちろん無料です。
↓アプリのダウンロードはこちら↓ 

THR Session

THR Session

  • Yamaha Corporation
  • ミュージック
  • 無料